ショートカット作成方法

よく使うアプリケーションは、デスクトップ上にショートカットを作成しておくと簡単に呼び出せて便利です。デスクトップ上にショートカットを作成する方法は幾つもありますが、ここではわかりやすい方法をご紹介します。
また、デスクトップに作成したショートカットの場所を調べるために、開いているウィンドウを一時的に全て閉じる方法もご紹介します。
尚、ここでの操作はWindows XPとWindows Vistaで確認しています。
デスクトップ上でショートカット作成作業を行います。他のツールが不要で、希望する位置にショートカットを作成できるので簡単です。尚、デスクトップ上のアイコンを整列するように設定してある場合は、クリック位置とは異なる場所にショートカットが作成されます。
  1. デスクトップ上のショートカットを作成したい位置で右クリックします。
  2. メニューが表示されるので、そこから「新規作成」を選び、さらに「ショートカット」を選びます。
  3. ショートカット作成ウィザードでアプリケーションのプログラムファイルとショートカット名を入力します。
    尚、次の画像はWindows XPのものですが、Windows Vistaでも操作は同じです。
     
    作成ダイアログ表示
     
    ファイルパス入力
     
    ショートカット名入力
以上で作成は終わりました。デスクトップ上にショートカットが作成されていることを確認してください。
エクスプローラを使ってショートカットを作成します。エクスプローラを使うのでアプリケーションのプログラムファイルを指定するのが簡単ですが、ショートカットを作成する位置は指定できません。
  1. エクスプローラでアプリケーションのプログラムファイルがあるフォルダを開きます。
  2. プログラムファイル上で右クリックします。
  3. メニューが表示されるので、そこから「送る」を選び、さらに「デスクトップ(ショートカットを作成)」を選びます。
以上で作成は終わりました。デスクトップ上の作成場所を指定できないため、開いているウィンドウの陰に隠れてしまうことがあります。その場合、開いているウィンドウを一時的に全て閉じると作成したショートカットを見つけられます。
尚、次の方法ならショートカットを作成する位置を指定できます。
  1. エクスプローラでアプリケーションのプログラムファイルがあるフォルダを開きます。
  2. プログラムファイル上で右ボタンを押しながらドラッグします。
  3. デスクトップ上のショートカットを作成したい位置でドロップします(右ボタンを離します)。するとメニューが表示されるので、「ショートカットをここに作成」を選びます。
デスクトップ上に作成したショートカットを見つけるためには開いているウィンドウを一時的に閉じる必要がありますが、そのための手段がWindowsには用意されています。 タスクバーのクイック起動にある「デスクトップの表示」アイコンをクリックすると、開いているウィンドウが全て閉じてデスクトップ全体が見えるようになります。 そしてこのアイコンをもう一度クリックすると、ウィンドウを閉じる前の状態に戻ります。
もしもクイック起動がタスクバーに表示されていない場合は、タスクバー(のボタンのない場所)を右クリックしてメニューを表示して、「プロパティ」を選択後、「クイック起動を表示する」にチェックを入れると表示されるようになります。