システム管理機能

条件設定画面

    条件設定編集

    • ユーザー運用環境に合うようにシステムの各種設定を行います。
    • 設定内容の詳しい説明が画面上に表示され、一々ヘルプを参照する必要がありません。
    • 設定変更は、システムを再起動することなく即座に反映されます。

    フロント設定

    • チャート表示色、スタッフ行数、ダイレクトボタン設定などフロント画面の表示設定を行います。
    • 通常使用IME入力モード、チップヘルプ表示位置、ナビシステム有効などフロント以外の画面の動作設定も行います。
    • 設定内容の詳しい説明が画面上に表示され、一々ヘルプを参照する必要がありません。
    • 設定変更は、システムを再起動することなく即座に反映されます。

    システム権限機能

    • 顧客連絡先の閲覧や条件設定編集などに制限を設け、一部のスタッフだけが利用できるよう制限できます。
    • 利用制限された機能を利用しようとする場合にはスタッフごとに異なるパスワード入力が必要で、利用が許可されているスタッフかどうかを判別します。
    • スタッフに許可された機能を利用する場合にはパスワード入力が必要ないため、単に利用制限された画面でパスワード入力を行うものに比べ、非常に使いやすく実用的です。

    初期設定

    • 条件設定編集では細かい設定が行える反面、初めて使う場合にはわかりにくいため、とりあえず使い始められるように最低限必要な項目に絞って設定を行います。
    • 設定内容の詳しい説明が画面上に表示され、一々ヘルプを参照する必要がありません。
    • 設定作業を途中で止め、次回にその続きを設定することができます。
    • 一度設定したものが気に入らない場合、設定をやり直すことができます。ただし、顧客マスタや来店履歴が登録されていると、それらは初期化されます。

    ヘルプシステム

    • 画面上のボタンや一覧表などにマウスカーソルを静止させておくと、説明文がポップアップ表示されます(チップヘルプ)。
    • 設定項目や操作などの説明文を画面上に直接表記しています(画面直接表記)。
    • 利用者が目的を達成するまで操作を誘導します。複数画面に渡る誘導も可能です(ナビシステム)。

    データバックアップ

    • データベースやフロント設定などの各種設定ファイルをまとめてバックアップします。保存先フォルダを自由に選択できるので、保存先を変えれば何世代でも保存できます。
    • データ復元は、過去のバックアップ履歴から選択するだけで実行できます。
    • 旧バージョンの互換性のないデータを復元する際にはエラー表示されるので、誤って古いデータを上書きして、システムが動かなくなってしまうことがありません。

    SystemViewer

    • システムの動作環境を表示できます。OSバージョン・環境変数・ドライブ一覧の他、システム関連のモジュール一覧・ファイル一覧などが確認できます。
    • システムエラー発生時に作成されるエラーログを表示します。エラー発生原因の追究に用います。
    • 動作環境や各種設定ファイルをスナップショットとしてファイルに保存します。トラブル発生時の状況を当社で把握するために使用します。

    メールサポート

    • トラブル報告・ご意見・ご要望などをメールで簡単にお問い合わせいただくためのプログラムです。
    • 問合せしたい機能は一覧から選択するだけです。
    • トラブル発生時にはSystemViewer制御によりスナップショットを自動作成できます。

    USBメモリでの運用

    • システムをUSBメモリにインストールして、複数PCで利用できます。
    • USBメモリをPCに挿して実行するだけで利用でき、特別な操作は必要ありません。
    • 複数PCで利用するためには、コピーライセンスが必要です。